▼▼産婦人科でも処方される安心、安全、人気No.1アフターピルはこれ▼▼
アイピル

コンドームが破れて緊急避妊をしたい場合、近くの産婦人科に行くか、アフターピルを服用することによって、高確率で避妊が可能です。

産婦人科にもちろん行くことによりこのアフターピルを処方してもらえますが、72時間以内に服用、それも早ければ早いほど効果的です。心配であれば常にひとつ常備しておいてはいかがでしょうか?

女性の避妊手術(卵管結さつ術)情報まとめ

男性的に女性の避妊手術というのはあまり有名ではないと思います。

何故でしょう

考えてみました。自分自身に問いただしてみました。

出た答えは

自分の子供を産んで欲しい

この気持ち?

いや、きっと本能でしょう

それがそうさせているのかもしれません。

ピルのように避妊薬で妊娠を回避するなら、いずれ俺の子供を産んでくれ!

この気持ちはあるはずです。

もし、男性側が絶対に子供いらないと思っているなら自らパイプカットしているはずでしょ。

本能でしょう

自分の血統を残したい!という

とはいえ、インターネットでたくさん調べました。

・子供ができやすい体。
・すでにお子さんが数人いてこれ以上は望まない。
・体が子供を産むのに耐えれない
・帝王切開が3回目である
・30代以上である

などなど、調べるほどいろいろなことがわかりました。

ただ、この避妊手術を行う基準に母体保護法というものがあり、それを満たしていないと手術を受けることが出来ないようです。

その手術ができる条件として


 第二章 不妊手術

第三条  医師は、次の各号の一に該当する者に対して、本人の同意及び配偶者(届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様な事情にある者を含む。以下同じ。)があるときはその同意を得て、不妊手術を行うことができる。ただし、未成年者については、この限りでない。

一  妊娠又は分娩が、母体の生命に危険を及ぼすおそれのあるもの

二  現に数人の子を有し、かつ、分娩ごとに、母体の健康度を著しく低下するおそれのあるもの

2  前項各号に掲げる場合には、その配偶者についても同項の規定による不妊手術を行うことができる。

3  第一項の同意は、配偶者が知れないとき又はその意思を表示することができないときは本人の同意だけで足りる。

参照:母体保護法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO156.html


分かりやすく解説すると

1 子供を産む母親が、また子供を産む場合、命に関わる場合

2 すでにお子さんが数人いて、これ以上子供を産むと母親の体に良くないと判断できる場合

という事です。

上記の条件にあてはまらないと手術はしてもらえないようです。

では、実際に気になる部分を書いていきます。

手術費用

これは調べてみると7~10万円くらいが相場のようです。

また、出産の時に条件が合えば一緒に申込みができるようです。

この時に入院費もいくらくらいかかるか申込の病院に聞いたほうがいいでしょう。

出産の時に一緒に行えば入院費は出産の入院費とかぶるので出費を抑えることができるようです。

手術時の年齢

たくさんの書込みを見ましたが、基本は30代以降のようです。

20代の方は余程の事がない限り医者が嫌がるみたいです。

image
▼▼安心、安全、人気No.1ピルはこれ▼▼
トリキュラー