▼▼産婦人科でも処方される安心、安全、人気No.1アフターピルはこれ▼▼
アイピル

コンドームが破れて緊急避妊をしたい場合、近くの産婦人科に行くか、アフターピルを服用することによって、高確率で避妊が可能です。

産婦人科にもちろん行くことによりこのアフターピルを処方してもらえますが、72時間以内に服用、それも早ければ早いほど効果的です。心配であれば常にひとつ常備しておいてはいかがでしょうか?

色々な避妊の方法を知ろう

男性が主導で行う避妊法

また、女性が主導で行う避妊法

 

色々な方法があります。

ご自身の体やライフスタイルに合わせて避妊方法を見つけていきましょう。

女性であれば産婦人科で相談するというのもひとつの方法です。

教えて!ピルのこと

各避妊法の失敗率(妊娠率)※一年間使用した場合

避妊法の種類 理想的な使用(%)*1 一般的な使用(%)
経口避妊薬(ピル) 0.3 9
避妊手術(男性) 0.1 0.15
避妊手術(女性) 0.5 0.5
IDU(子宮内避妊具)
レボノルゲストレル放出IUS
(子宮内システム)
0.2 0.2
IDU(子宮内避妊具)
銅付加IDU
0.6 0.8
コンドーム 2 18
ペッサリー 6 12
殺精子剤 18 28
リズム法
(オギノ式・基礎体温法など)
0.4~5 24
避妊せず 85 85

*1 各避妊法を正確に使用した場合。
出典:教えて!ピルのこと  (2014年9月改訂版)産婦人科で頂いた非売品の小冊子です。

 

▼▼安心、安全、人気No.1ピルはこれ▼▼
トリキュラー