▼▼産婦人科でも処方される安心、安全、人気No.1アフターピルはこれ▼▼
アイピル

コンドームが破れて緊急避妊をしたい場合、近くの産婦人科に行くか、アフターピルを服用することによって、高確率で避妊が可能です。

産婦人科にもちろん行くことによりこのアフターピルを処方してもらえますが、72時間以内に服用、それも早ければ早いほど効果的です。心配であれば常にひとつ常備しておいてはいかがでしょうか?

九州大学病院

福岡市東区の九州大学病院ご案内と体験談

いつものようにあいてとの性行為、そのクライマックスで起こった事故。
そう、コンドームがビチンと音を立てて破れたのだ。

その瞬間。。。「ひぁっ」って思って中断
でも遅かった。。。ような感じがした。

一気に雰囲気は緊迫した空気に!
超、調べまくった結果、確実なのは産婦人科に行って緊急用のモーニングアフターピルを処方してもらうこと。

それも遅くても72時間以内、できれば24時間以内に服用が望ましいことがわかった。

24時間以内であれば「ポスティノール」などの緊急用のモーニングアフターピルを服用すれば、ほぼ100%避妊が可能。

産婦人科でも処方してくれる信頼度が非常に高い薬である。

手元に緊急用のモーニングアフターピルが無いなら、即、効産婦人科である。
日本では薬局で一般販売をしていないからだ。

日本で手に入れる方法は産婦人科での受診か、ネットでの購入です。

この緊急用のモーニングアフターピルとは妊娠中絶手術よりもかなり安全性が高く、経済的な負担も低い避妊回避方法です。

避妊中絶手術は15万~、受ける時期によって危険度も費用も変わってきます。
それを考えたら、3000円前後のお金でほぼ100%避妊ができる「ポスティノール」などの緊急用のモーニングアフターピルはおすすめです。

女性の場合、考えたくはありませんが、望まない行為に及んだときに、リスクを回避するという意味で購入しておくのも自分の身を守る方法ではないでしょうか。

産婦人科に行っても、この問診をした後、緊急用のモーニングアフターピルを処方されるだけで

場所によっては(学割で3千円の出費、それも保険適応外ですので、それを考えてもひとつ持っていて損はないです。

産婦人科でも処方される人気No.1アフターピル!
24時間以内服用でほぼ100%避妊効果があります。
▼▼▼▼画像をクリック▼▼▼▼

店舗名 九州大学病院
住所 〒812-0054
福岡市東区 馬出3丁目1−1
住所(ひらがな) ふくおかしひがしく まいだし
住所(カタカナ) フクオカシヒガシク マイダシ
電話番号 (代) 092-641-1151
市区町村 福岡市東区
町域 馬出3丁目1−1



アフターピルを持っているのもリスク回避としては有効ですが。
常に低用量ピルを服用するという方法もあります。

低用量ピルは「子宮体がんの予防」等の体に有利な効果をもたらしてくれるのと、ホルモン療法にともないがちな「月経外の不正出血」のような副作用が少ないというメリットがあります。

トリキュラーは低用量ですが、のみ忘れをせずに正しく服用するとほぼ100%避妊できます。

そして何よりも病院で処方されるよりも安く手に入れることができるのも嬉しい点ですね。

人気No.1ピル「トリキュラー
婦人科では1シート3000円ですが、12ヶ月で7000円以下で購入できます。
月経痛子宮内膜症の予防にも。
▼▼▼▼画像をクリック▼▼▼▼

▼▼安心、安全、人気No.1ピルはこれ▼▼
トリキュラー